ニート末路、地獄の末路が待っている|引きこもりからの脱出

ニート末路の恐怖をご存知ですか?ニートとは就業する意志がなく、身内に寄生して生活を送る人のことで、若年層だけでも2014年のニート総数は56万人もいます。そのうち多くの人が普通に働き始めていますが、身内を失っても働けないニートは、ホームレスや生活保護、酷い人は孤独に餓死…なんてこともあるんです。ニートを続けている限り明るい末路は期待出来ません。一刻も早く引きこもりから抜け出して働きましょう!

ニートの末路、ホームレスになる

 
099815.pngニートの末路にホームレスというケースがありますが、
ホームレスというのは公園などに寝泊まりをする家が無い人のことで食べ物などは拾ってきたものが中心になっていることも多くなっています。



ニートの末路にホームレスという状況は自治体にとって大きな問題にもなっていますが、ホームレスをしている側は誰にも迷惑をかけてないと思っている人が多いのが現状で、周囲の人から見るとあまり良い気持ちがしないのも実際のところです。





110765.jpg
ホームレスの増加率は都市部で顕著になっている一方で地方においても増加率が顕著な所もありますが、ホームレスというニートの末路を辿らないようにするためにも早めに気持ちを切り替えて行動に移すことが重要なポイントにもなってきます。







ホームレス対策として最近は自治体も知恵を絞ってさまざまなことを行っているのが現状となっていますが、
それでもホームレスは一向に減らないのが問題にもなっていて今後もその状態は続くことが想定されます。

また、ホームレスを強制的に排除しようという取り組みを検討しているようなところもありますが、それに困ったホームレスが他人に迷惑をかけることや自治体の治安維持に起因することがあることを考えると踏み切れずに二の足を踏んでいるところもあります。
ホームレスの大半は働くことができる元気な体をしているので、そのような人たちが働くことのできる環境を作っていくことも重要なポイントの一つになってきます。
 

普通に就業した人の多くが、ハローワークや求人情報サイトを利用しています。
中でも求人情報サイトは家にいながらにして多くの情報を得ることができるので人気です。
求人情報サイトは数多く存在しますが、口コミや求人情報数の多さ、サポート体制など
オススメの求人情報サイトを徹底調査し、ランキング形式でご紹介します!!
 

 

求人情報サイト人気ランキング

 
01.png




バイトーク


口コミ情報に特化した新しいスタイルの
アルバイト求人サイトのバイトークでは
豊富な口コミで実際の職場の雰囲気が
リアルにわかるから安心!!と人気急上昇のサイトです。


うれしいポイント
1.採用祝い金 アルバイトに採用されるだけで、
 最大3万円までお金がもらえる!!
2.先輩の声 実際に働く人が話す、職場の雰囲気
 や人間関係、シフト関係の情報を提供される!
kueasiku.jpg
02.png




ジョブリンク


 

職種やこだわり条件、派遣会社、フリーワード、
などの希望条件で検索することもできるので便利!! 
その他にも、求人の新着特集や派遣会社の紹介、
登録会・キャンペーン情報、お役立ち情報など、
とにかく求人に関するおすすめ情報が多いのでオススメ!

今すぐじゃないけど、「いいのがあったら働きたい!」
なんて人には新着お仕事メールが便利ですよ♪

kueasiku.jpg
03.png




ジョブセンス


 

業界トップクラスのアルバイト情報サイト!! 
採用されると求職者に、お金がもらえると大人気! 
高校生OK!短期OK!未経験者OK!など様々な
ユーザー層に合わせたアルバイトを全国版で掲載。
エリア、路線、各種カテゴリー検索でアルバイト情報が
検索できるので、探している情報も簡単ゲット!!
お仕事情報の量ではゼッタイおすすめ!!!
kueasiku.jpg
04.png




ハタラクティブ
ハケン


 

ハタラクティブハケンは派遣会社ですが、
未経験OKの案件が豊富なのでオススメです!!

オススメ理由
・紹介予定派遣を扱う企業が豊富
未経験OKの案件が豊富
・徹底したキャリア相談、スキルアップサポート
・関東圏限定
・厚生労働省「若者キャリア応援制度」実施事業
kueasiku.jpg
 

ニートの末路、身内に寄生してきた結果

 
001.pngニートというのは働きたくて働けない人のことではなく、最初から働く気が全くない人のことを言いますが、働かないことには手元にお金も入ってこないので生活をするのが難しいというのが実際のところです。




しかし、それでも生活をすることができているのは自分以外に生活をサポートしてくれる人がいるからで、その人となってくるのが自分の親を含む身内であることが多く、身内に寄生するという生活を送る人がたくさんいます。


warumono.png

そのようなニートの末路は寄生をする人生で終わるかもしれませんが、親に寄生して生活をしている場合は当然ながら自分より親の方が先に亡くなってしまうため、そこからは自力で生活をする必要が出てきます。

この場合、ニートの末路になってくるのはホームレス生活保護などになりますが、犯罪に手を染めてしまうことや内向的でなおかつ閉鎖的な環境によって人格が変わってしまい人から距離を置かれてしまう存在になってしまうこともあります。
ニートの末路にはいろいろなパターンがありますが、いずれの場合も気をつけないといけないのは最終的に問題が起こった場合にそれを解決するのは自分自身以外の誰でもないということです。
また、自分の人生なので誰にも干渉されたくないというニートもたくさんいますが、働くことができるのに働いてないニートの存在は国にとって必要とされない存在であるということを今一度考える必要があり甘えることを断じなければなりません。

 

ニートの末路、生活保護を受ける


0002.jpg
生活保護の問題が大きく取り上げられている昨今ですが、生活保護というのは生活することができないので国の税金から頂戴して生活費に充てるという仕組みで、中には真面目に働いている人よりも受給を受ける金額が大きいというケースもあり、真面目に働いている人が馬鹿を見るような社会である側面があるのも事実としてあります。


ニートの末路に生活保護を受給するというケースがありますが、働きたくないと言って働こうともせずに、親や知人、財産などが無くなった時にまた働くことが嫌なので生活保護を受給するという人がいるのも実際のところです。
生活保護というのは本来であれば働きたくても働くことができない状態にある人が支援を受けるためのものですが、受給資格に曖昧な部分も多いのでニートの末路に生活保護の受給が実現されるというものです。



131122.png


しかし、国の財政や生活保護の不正受給の増加などから、生活保護についての見直しは幾度となくされ受給条件は厳しくなっていると言われています。
ニートの末路に生活保護を受給出来ればまだ良いほうかもしれません。
今後はより一層厳しくなり、生活保護も受給できないことが増えるでしょう。


ニートの末路にはいろいろありますが、生活保護という選択肢が残る状態が改善されることは今後すぐにでも必要なことで急がされる課題の一つとも言えます。
また、ニートにならないためにも仕事をきちんとしなければならない環境作りというのも必要になってきますが、現実問題としてそれは難しいのが現状で大きな影を落としています。


 

ニートの末路、普通に就業する


080478.png

ニートの末路として待ち受けるものと言えば生活保護やホームレスなどをイメージする人が多いと思いますが、中にはニート生活を続けているうちに改心して最終的に
普通に就業するという末路を辿るニートは多くいます。



普通に就業する末路を辿ってくるニートが増えることを期待している自治体もたくさんあると思いますが、最近はニートに対する支援策などもしっかり行っているところが増えている現状にあり、こうした取り組みが功を奏してニート率の低減に繋げることができています。
また、長らくニートの生活を続けていくと働くことはもちろんのこと人とのコミュニケーションを図ることが難しいという人も多いと思いますが、少しずつ社会に適用していくように心がけることが大切で焦っても良いことは何もありません。



131323.png
仕事は当たり前のようで忘れられていることも多いのですが、
日本に住んでいる以上は義務となっており働くことによって義務を果たすことが何より大切な要素になってきます。
仕事にはいろいろな職種がありますが、どの仕事でも対価を貰うためには就業をして時には辛い経験もすると思います。
これまでに仕事をしてこなかった人にとってはそれが耐え難いことかもしれませんが、最初は気持ち的な面で乗る気が無かったとしても頑張って仕事をしているうちに働くことに対して抵抗感がなくなります。
仕事をすると重く受け止めるのではなく最初はボランティアでも良いので人の役に立つことをすることが重要です。
 
   
 

ニートの末路を知る必要性


124788.png

ニートでも親の支援などによって生活をすることができている場合に何一つも不自由がない場合はこの状態がいつまでも続くという変な錯覚に陥ることも少なくありませんが、親のすねをかじって生きているのであれば順番的には親が先に死去してしまうので、それからの生活は親の支援を受けることはできません。


ホームレスやアウトローな末路になるニートというのは将来のことを考えずに生活をしてきた人が中心であり、実際に取り返しのつかないところまでこないと現実を見ない人がたくさんいます。
そういう心の持ち主でないとニートにはなれないことの現れでもあるかもしれませんが、ニートという環境の中で生きている状態にあるのならニートの末路を調べることもおすすめで、ニートの末路を知ることによって自分の人生を思い返すきっかけを作ることができるかもしれません。



どのようにしてニートの末路を知るかという問題についてはインターネットの利用がおすすめで、実際にニートとして生活をしてそれから年を取ってどうなってしまったかということは実体験として多く掲載されています。
もちろん中には苦労することなく生涯を閉じることができた人もいますが、明らかに昔と比べるとニートに対しての風当たりは強くなっていて、今後もその状態が続いてしまうことは可能性として十分に考えられます。
現状を打破するためにはどちらにしても意識や意志を変えることが重要であるということを忘れないようにしましょう。





 
日本において成人すると勤労をする義務やそれに伴って納税する義務が生じることになりますが、仕事をして対価を得てそれに応じて税金を支払うというのが一般的となっており、日本で生活をする以上は日本のルールに従って生活をしなければなりません。しかし、中には成人しても仕事をしないで税金も納めないで生活をしている人がたくさんいるのが現状で、病気や身体上などの理由から仕事をすることが難しい人については致し方ない部分があるとしても健康で働くことができる状況にある人が仕事をしないことは一つの問題になってきます。 このような勤労できる状況にありながら仕事をせずに生活をしている人は一般的にニートと呼ばれていますが、ニートの末路は悲惨であるということをきちんと認識することが必要で仕事をする必要性をきちんと認識することが重要になってきます、ちなみに仕事をしなければ当然ながら収入は手元に入ってくることがないので、通常であれば生活を維持することができないのですが、仕事をしないで生活をすることができている人というのは大抵の場合が家に資産があるという理由や不労所得などがあって収入を得ています。そのため、ニートの末路が悲惨といっても収入源などによって変わってくるのが普通で、中には生涯仕事をしなくても何不自由なく暮らすことができる人がいるのも実際のところです。一方で親のお金に頼り続けて仕事をしてない人になってくると将来的に親と死別したしまった場合は自分で生活を作っていく必要が出てきますが、成人して生活力を養ってこなかった人だとニートの末路は悲惨なことになってしまいます、仕事をする方法はいろいろありますが、どのような形であっても仕事をして給料をもらって保険や税金を納めていれば最低限の生活を送ることはできます。仕事をすることはもちろん大変ですが、それ以上に得られる充実感などもたくさんあるので働くことが嫌という理由だけで仕事をしてない人は今一度仕事に対する意味を考えたいものです。